絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > インプラントのやり直し
  • Q.10年くらい前、下の前歯に1本入れたインプラントが、触ると痛み出してきました。
    最近になって、ずっと四六時中痛い訳ではないのですが、触ると痛み出してきました。
    痛みが3日程続いているのですが、丁度体調を崩したのでそれによるものなのでしょうか?このような場合に、考えられるのはなんでしょうか?
    また、やり直すならばどのように治療するのでしょうか?費用のことなど教えて下さい。
    沢山質問させて頂きましたが、よろしくお願いします。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
    まず、インプラントの種類が、何かわかりませんが直経と長さがどのくらいかによっても異なってきます。
    下顎の前歯部は一番生着の良いところなのですが。インプラントも歯周病と同じで上層部から骨が下がってきます。これを、ダウングロースといいます。どんなタイプのインプラントでも、これはおこるようにおもわれます。またほとんどおこらないケースもあります。
    貴方様は10年目とのことですが残念ですが、いつ悪くなっつてもべつに不思議なことではありません

    でも、殆どの方が、10年を超えますともう一回インプラントを希望します。原因として考えられることは、タバコを吸われますか?喫煙がかなり悪影響を与えます。年何回、検診に行かれて、インプラントの周りの清掃をしていただいているでしょうか?多分ペリインプランタイテスという炎症が起こっていると考えられます。
    カゼや疲労などでおこりますが、歯牙の場合よりはインプラントのほうが軽いと思われます。
    インプラント体の根の先の部分に骨があり、まだ動揺がなければ、投薬、安静、インプラント周囲のソウハ、レーザー治療などで落ち着き、再び使えるでしょう。
    あとは、歯ぎしりやかみ合わせの力が強すぎる場合に悪化することがあるでしょう。
    やりなおしについては、骨があれば、またできますし、無ければ、再生医療と申しまして骨移植などで骨を作ってからやればよいでしょう。 費用に関しては、10年使用後ですが、私がおこなった症例ならば、当然全費用の何割かで良いとおもいます。医は仁術です。
    お大事にしてください。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.