絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 保存・予防治療と一般歯科の違い
  • Q.保存治療を行っている歯科医院と一般歯科では、どのように違うのでしょうか?
    歯を抜かずに長持ちさせる治療なのかなと思うのですが、たとえば、虫歯一つにしても一般歯科とは治療法が違うのでしょうか?
    私も出来るならば、ずっと自分の歯を保ちたいと思いますし、違いがはっきり分かれば、保存治療を行っている歯科医院を選択したいです。
    長くなってしまいましたが、ご回答よろしくお願いします。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
    お答えいたします。
    保存治療と一般治療とは、ゴールが違うとお考えください。
    治療法で申しますと、初期虫歯c1、これを、すぐ削る一般歯科と、ほとんど削らない保存治療とに分かれます
    c2、神経まで進んでいそうな深い虫歯でも、保存治療ならば、う触探知液で丁寧にとけた象牙質だけをとり、覆髄といっつて、神経を保護する努力をすれば、神経は残ります
    下の大臼歯は歯根が2本前後にありまして、病変がどちらか1根にあるならば、ヘミセクションといって、悪いほう1本だけ切断すれば良い方は残ります。神経の治療は時間もかかりますし、その丁寧さによって一生涯保てるか、入れ歯になるかに大きな差が出てくるのです
    結論からいえば、歯は2度と生えてきませんので、「抜かずに神経を保護する」保存治療が大切なのです。
    最後になりますが、予防と検診が一番の時間とお金を無駄に使わずに済むのです。
    3ヶ月に一度は、定期検診を受けてください。そうすれば、あなたご自身の歯を一生涯保てるのです。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.