絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > ブリッジとインプラント
  • Q.前歯が折れてしまい、ブリッジを勧められていますが、10年後にはまた更に隣の歯を抜いて治療する必要があるのかと心配です。
    はじめまして。
    丁寧な回答を見て質問しようと思いました。
    先日野球の硬式ボールが前歯に当ってしまい、上の前歯2本がぐらついてしまったため、診察をうけたところ、2本とも折れているとのことでした。
    治療方法として、隣の歯を削ってブリッジにする方法を勧められました。
    ブリッジは5年とか、人によっては10年もつ人もいるとのことなのですが、もし仮に10年もってだめになってしまったとすると、10年後にはまた更に隣の歯を抜いて治療する必要があるのかと心配です。
    削って土台にした歯がもつまでがブリッジの寿命ということなのでしょうか?
    また、被せたものを外して治療したり、土台が虫歯にならないために定期的な通院によって虫歯になりそうな兆候や早期の治療は可能なのでしょうか?前歯なので審美性も考えたいので、ブリッジにするなら自費診療で治療しようと考えています。
    せっかく元気な歯を削って治療するのなら、更に他の歯にまで悪い影響を与えたくないので非常に悩んでいます。
    長くなりましたが、宜しくお願いいたします。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
    お答えさせていただきます。
    まず受けた傷を見なければわかりませんが、抜いて良い歯を削るのは、インプラントができなければという条件が、
    必ず付くおもわれます。
    まず、あと50年以上使う臓器だとお考えください。
    いまは、天然歯はとにかく削らないというのが通説です。レントゲンを撮り、精密に診査をし、折れた歯もまだ使えるかどうかを調べます。
    それでもまだ歯を残そうと考えるような歯科医をお選びください。
    定期的に通院されるならば、メインテナンスは万全となり、大きな悪化は考えられません。どうぞ、お大事に。
 

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.