絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 歯を削らない接着ブリッジの耐久性と費用
  • Q.新方式のブリッジには両側の歯を削らずに接着できるものがあると聞きました。本当でしょうか?
    3週間程経ちますが前歯2本が折れてしまいました。
    差し歯のため、割れた状態のまま土台は残しています。
    部分入れ歯を考えていますが、新方式のブリッジには両側の歯を削らずに接着できるものがあると聞きました。本当でしょうか?

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
    お答えいたします。
    折れて土台、つまり歯根が残っているならば、部分入れ歯などにせず、また差し歯にすればよいと思われます。
    抜いてしまわれたら、インプラントにする前に、しばらく歯を削らない接着ブリッジでも、良いものかもしれません。
    ただし長く持つものではございません。もって半年から、数年とお考えください。耐久性については、私の約30年の臨床経験からの考えです。
    上より下の前歯に有効かとおもわれます。
 

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.