絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 親知らずの前の歯の欠損とインプラント治療
  • Q.現在アメリカ在住です。奥歯がなくても十分に物も噛めていて不自由なく、高額な負担金とインプラントのリスクをいろいろと聞くと、そこまでして奥歯は必要なのかと疑問です。 仮に上下7番目の奥歯がないとしたら、どんな不具合があるのでしょうか?
     現在アメリカ在住です。
     5ヶ月後帰国予定です。
     現在、下の左一番奥歯は抜歯したためにありません。
     インプラントを薦められています。
     しかし私自身この奥歯がなくても十分に物も噛めていて不自由なく、高額な負担金とインプラントのリスクをいろいろと聞くと、そこまでしてこの奥歯は必要なのかと疑問です。
     ちなみに上のかみ合わせの歯は現在下の歯と噛み合っていないようで、おそらくそのうちに伸びてくるらしいです。
     仮に上下7番目の奥歯がないとしたら、どんな不具合があるのでしょうか?
     やはりインプラントは必要なのでしょうか?
     アドバイスいただけると助かります。よろしくお願いします。


  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     親知らずの前の歯・つまり7番が上下なくても、ご本人が噛むのに不自由がなければ、私は何もしないほうが良いと考えます。
 

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.