絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > サックスの演奏とインプラント治療
  • Q.抜歯してインプラントにした場合、サックスを吹くことが出来る位ぐらつきって無くなるのでしょうか?
     事故で前歯1本とその隣の歯(義歯を被せています)を打ちました。
     レントゲンで折れた傷は見当たらないのですが、1ヶ月経った今もかなりぐらついています。
     歯を抜きたくないという私の希望で、歯の後ろから石膏のようなもので補強しています。
     しかし両脇の歯の前面にも渡して支えているので奇妙な前歯になってしまっています。
     今の歯を残し、ぐらつかせず、外観が普通に見える治療って有るのでしょうか?
     楽器のサックスを吹いているので前歯がぐらついていると吹けないので、それも困っています。
     ※マウスピースを前歯で押さえるためもし抜歯してインプラントにした場合、サックスを吹くことが出来る位ぐらつきって無くなるのでしょうか?
     返信お願い致します(>_<)

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     残念ですが、ぐら付いている歯は、やはり抜いた方よいかとおもわれます。
     あとは、義歯か、ブリッジか、インプラントになろうかと思われますが、サックスを吹かれるならば、義歯は、無理かと考えます。
     インプラントですと骨に強固にくっつきますので、サックスを吹くことが出来ます。

  • 先日はアドバイスありがとうございました。
    もう一度良く検討してみます。
 

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.