絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 左上の奥歯の歯根のひびとヘミセクション
  • Q.左上の奥歯の歯根が割れている、と言われています。インプラントか、あるいは先生のホームページに、ヘミセクションという手法が適用できるのか、等実際にみたわけでは無い状態で明確な答えはできないとは思いますが、アドバイスをいただければと思います。
     左上の奥歯の歯根が割れている、と言われています。
     この歯の治療法についての相談です。

      ・奥から二番目の歯は欠損で、ブリッジになっています。
      ・2年程前に歯茎から相当な出血があり歯周病治療を実施
      ・歯周病治療後、虫歯の治療をしようとした処、根っこが割れている、と判明(歯茎が下がったために見えてきた歯を一部削ってつついた処痛む、と言うことで割れてるね、と判断)
      ・接着剤でかためて「使えるまで使う」方針。
     現状ですが、
      ・歯茎も硬い部分と柔らかい部分があり(柔らかくなっている部分の根は折れているが堅い部分の根は大丈夫?)
      ・被さっている部分が浮いてきて非常に違和感がある(噛むたびに浮いている部分と根の部分にたまった水分がキュッとしみ出てくる感じ)
      ・たぶん、口臭もある
     と言う状態です。
     どういう治療の方針が立てられるのだろう、と思いメールをさせて頂きました。
     インプラントか、あるいは先生のホームページに、ヘミセクションという手法が適用できるのか、等実際にみたわけでは無い状態で明確な答えはできないとは思いますが、アドバイスをいただければと思います。
     よろしくお願いします。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     まずは、ヘミセクション、あるいは、上顎ならば、トリセクションをおこなうべきかとおもわれますがいかがでしょうか。
     見て見なければわかりませんが、16歳でもう大臼歯を抜いてしまわれて悩まれている女性からのご相談がございました。
     すぎたるは、およばざるがごとしでございます。
 

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.