絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 根の治療と歯科保存治療の専門医
  • Q.歯根部に膿が見られる件で、ご相談いたします。数年前より体調が悪い冬の時期になると、下前歯1番の前側にぷくりと腫れ物ができるようになりました。
     歯根部に膿が見られる件で、ご相談いたします。

     数年前より体調が悪い冬の時期になると、下前歯1番の前側にぷくりと腫れ物ができるようになりました。膿が出ていると言われ、これまで2,3回、その都度、腫れている部分を切開をして抗生物質を飲み1週間ほどで治りました。また、少し腫れただけで、治療を受けなくても治る場合もありました。
     今回は、昨年12月より、下前歯4番辺りの裏側が腫れ始めました。1月になりぷくりした腫れ物ができたため、切開(一度目は浅く、二度目は深く)して抗生物質を4週間飲みました。切開した直後は多少小さくなるのですが、しばらくすると又腫れ物が突起してきます。
     下前歯2,3,4番は10年程前に根幹治療をした後、金属の土台を入れて、3本を繋げて被せ物がしてあります。
     かかりつけの歯科ではこれ以上の処置はできない、あとは外科的手術しかない、と口腔外科の受診を勧められました。抜歯は望んでいないのですが、口腔外科では、抜歯が一番確実と勧められました。
     レントゲンを見ると歯根部が黒くなっています。骨がかなり薄くなっている感じだが、3本繋がっているので、これから先も歯がぐらつくことはないだろうと言われています。現在、押したり、硬い食べ物が裏側に当たると多少の痛みは感じますが、普段の生活に支障はありません。
     抜歯は望んでいません。もしこのまま放置した場合、どのような状態になっていくしょうか?3本の被せ物を外し、再度根幹治療をすることで、歯根を保存できる可能性はないのでしょうか?
     アドバイスを宜しくお願い致します。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。今月同じ症状の患者さんが、昨日まで4人おみえになっております。
     すべての方が被せ物をはずして根の治療をやりなおしております。すべてよくなっております、是非一度みさせてください。
     4月からは、差し歯の根の部分の手術は、みとめられず、やはり根管治療をして頑張ってなおしなさいと、再度保険診療においても言われております。比較的奥歯より前歯のほうが、1根管なのでなおしやすいとおもわれます。
     また4月から、厚生省の認可において、歯科保存治療の専門医が標榜できます。私もはずかしながら、この専門医です。そのような先生をお選びになるのも一考かとおもいます。
     決して抜いてはいけません。どうぞお大事に。
 

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.