絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 根管治療後の痛みについて
  • Q.左上1番の歯根端切除を実施しました。事の発端は2月20日ごろより前歯がはれて激しい痛みがあり受診したところ歯根端切除するしかないとの事で、一旦切開して膿を出し腫れが治まったころで手術するとの事でした。
     はじめまして よろしくお願いいたします。
     45歳男性です。
     3月4日に、以前より通院していた開業歯科医院で左上1番の歯根端切除を実施しました。事の発端は2月20日ごろより前歯がはれて激しい痛みがあり受診したところ歯根端切除するしかないとの事で、一旦切開して膿を出し腫れが治まったころで手術するとの事でした。
     手術を実施したところ上前歯右1番から左2番までにわたり大きなのう胞があり切除したとの事でした、切除後上顎部分に唇側から舌側が貫通する(推定直径4から5センチ)大きな穴があき、歯茎を4針縫いました、その後手術した部分から膿が出てきて週2回くらい通院し切開しては膿を出していますが、4月10日現在も腫れは小さく限局的になりましたが引き続き膿が出てきます。
     悪化しているのではないかと心配ですもっと大きな病院で診察してもらったほうが良いのではないかと周りが言うのですが・・・説明不足で申し訳ございませんが、先生のご意見を賜りたくお願いいたします。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えさせていただきます。
     まず、保存手術をされたのは、素晴らしいことだとおもわれます。貫通も充分考えられますし、拇指頭大の大きさならば、現在の状態もやむおえないかとぞんじます。
     膿がとまればよいので、もうしばらく様子をみるのも一考かと思います。もしとまらなければ、口腔外科専門医をお訪ねください。
     おだいじになさってください。

  • 蛭間先生ありがとうございます。しばらく様子を見る事にいたします。
     少し安心しましたこれからもよろしくお願いいたします。
 

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.