絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 根の病気と歯周病
  • Q.治療法がわかりません。1ヶ月半前に前歯下の歯茎が大きく腫れました。膿ができて、物も食べられるようになったのでそのままにしていたのですが、3週間前から小さな腫れがなくならず、ずっとあります。
     治療法がわかりません。1ヶ月半前に前歯下の歯茎が大きく腫れました。膿ができて、物も食べられるようになったのでそのままにしていたのですが、3週間前から小さな腫れがなくならず、ずっとあります。歯科医にいったのですが鈍い痛みと違和感しかないので、つぶして消毒を繰り返しています。薬も出してもらいましたが効いてないようです。
     歯がわるいのか、歯茎か顎かと思っているうちに全体的に気持ち悪くなっています。レントゲンも炎症反応だけです。腫れている歯茎の真上の歯でなくその横の歯が神経が腐っているのではないかと言われました。ほんの少し色が変わっているのと、たたいたら鈍い痛みがでるからです。
     対角線で歯茎が腫れることはありますか? 削って余計にひどくなったらと不安で決定できません。母親も前の歯茎が腫れる人でよくつぶしているみたいです。
     僕も前から腫れるところは同じなのですが、いつもはもっとはやく治ります。ひどい痛みになる前に何とかしたいのですが、ほかの歯も違和感がしてきていて集中できません。寝ている時だけ違和感はありません。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えさせていただきます。
     先ず、腫れている場所が、はえぎわから数センチ離れていれば、根の病気。はえぎわならば、歯周病をうたがいます。
     是非歯科の受診をお奨めいたします。
     ほかもおかしく感じるのは歯周病のほうが疑われます。お大事にどうぞ。
 

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.