絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 先天性の欠損とインプラント
  • Q. 5日前に、右下奥歯(先天性の欠損)にインプラントを入れました。ですが、手術をした翌日辺りから喉が痛みだして、今は唾をのみ込むのも辛いくらいの痛みがあります。
     5日前に、右下奥歯(先天性の欠損)にインプラントを入れました。
     術後数日間は多少の腫れがあったものの、インプラント部位は酷い痛みもなく順調です。
     ですが、手術をした翌日辺りから喉が痛みだして、今は唾をのみ込むのも辛いくらいの痛みがあります。場所は男性の喉仏がある位置辺りの右サイドで、魚の骨が刺さった時のようなずきんとした痛みです。何もしていなければ痛くないのですが、何かをのみ込む時に痛みます。ちなみに、ここ数日の食事中に何かが喉にひっかかったような記憶はありません。
    インプラント手術と何か関係があるのでしょうか?この痛みはすぐ消えてくれるのでしょうか。。?よろしくお願いします。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。
     切開を大きくした場合においては、親知らずの抜歯と同じく、のどの痛みが起こる事も考えられます。
     風邪でなければ、そしてお薬を飲み続ければ、数日後にはよくなるとおもいます。
     お大事にしてください。
 

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.