絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 割れている歯と保存治療
  • Q.割れている歯はやはり抜くしかないのでしょうか?
     上前歯の差し歯(3本)について、インプラントにするか、悩んでおります。
     現在の差し歯は2回目のものです。2回目の差し歯の際、すでに内1本が「割れている」との事で、他医院でセカンドオピニオンをいただいた上で治療をし、上手く充填できたのですが、5年経過したところでやはり、膿んでいることが気になるようになりました。
     以前セカンドオピニオンをいただいた医院で診ていただいたところ、割れている1本の歯周ポケットがかなり深く、とりあえず消毒剤を入れていただいておりました。しかし、2週間ほどするとまた膿む、を繰り返しております。この歯1本のインプラントを薦められ、またその医院を信頼はしているのですが、未だ、あきらめきれずにおります。
     いつかはインプラントにしなくてはならないとしても、何とかならないか、と思い、ご相談をさせていただきました。割れている歯はやはり抜くしかないのでしょうか?

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     今年になってから、私どもの歯科医院において、またすべてホームページのお悩み相談の方で、破切や、膿のある歯で、しかも抜歯と言われた歯を何本も助けてまいりました。
     抜かれる前に是非とも拝見させていただけれ嬉しく思います。
     根の先を切断してまでも保存できるかもしれません。インプラントの前にもう一度お考えください。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.