絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > インプラントの詳細な適正診断
  • Q.インプラントの詳細な適正診断(顎骨の状態等)は抜歯前に確認することは出来るのでしょうか。
     上顎前歯右2番目の神経を約10年前に抜きました。(この歯は差し歯にせず、周囲より先端を短く削った状態で使っていました。)
     1ヶ月前に食事中にピキッと音がしてからグラグラし始めています。根元周囲の細胞に異変がおき、歯根が吸収されてスカスカの状態と言われました。(上顎の骨の吸収も始まっている)
     歯の中腹付近でヒビが入っている可能性も高く、抜歯し、ブリッジかインプラントを薦められています。
     質問1)ヒビの入った上部を取り歯根を残した治療は無理でしょうか。また、抜歯の場合は1番3番が健康な歯なのでインプラントを考えたいのですが、歯周骨、上顎の吸収が始まっているため不安を抱えています。
     質問2)インプラントの詳細な適正診断(顎骨の状態等)は抜歯前に確認することは出来るのでしょうか。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。歯根が、どのくらい残るのか見させて頂かなければわかりませんが、ぜひ保存したいものです。
     もしも抜いたならば、両側の歯は削らずインプラントをお奨めいたします。
     抜歯前に充分骨の状態は、わかると思います。どうぞお越しください。

    •  蛭間先生 ご返答ありがとうございます。
       近々に連絡させて頂きます。
       宜しくお願いします。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.