絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 歯内骨内インプラント
  • Q.左上前歯(2番目)が差し歯なのですが、歯茎が上がってきてしまい、根の部分が少し見えてきています。
     左上前歯(2番目)が差し歯なのですが、歯茎が上がってきてしまい、根の部分が少し見えてきています。
     新しい差し歯に作り替えたいのですが、その歯は14年前に根尖切除手術をしていて、ずっと以前から多少動揺する感じがします。現在かかっている歯科医からは、手術で根が短くなっているからかもしれないとの説明を受けました。また、差し歯の土台が太く短く作ってあるため、作り替えで根が割れるのが怖いから作り替えは勧めないとも言われています。
     このままダメになるまで使い、あとは抜歯してブリッジをすればいいと言われてしまいました。(インプラントはしていない歯科医院)
     このような状態で、先生の所に伺った場合、抜く前に、もっと良い方法がありますでしょうか?


  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     昔は、歯内骨内インプラントといってはを串刺しにしてのこしたもにですが、歯の動きの量や、実際のレントゲンをとってみなければわかりません。
     どうぞいちどお越しください。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.