絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 根の先の膿と根管治療
  • Q.右上6番を平成16年10月に根管治療したが痛みが治まらなかった。平成17年9月にこの右上6番と左上6番が鈍く痛むと訴えたところ、かかりつけだった都内の歯科医は「私にも経験がある。ひと月ほど我慢すれば直る」との事であった。
     右上6番を平成16年10月に根管治療したが痛みが治まらなかった。平成17年9月にこの右上6番と左上6番が鈍く痛むと訴えたところ、かかりつけだった都内の歯科医は「私にも経験がある。ひと月ほど我慢すれば直る」との事であった。
     確かにひと月ぐらいで痛みは気に成らなくなった。しかし、本年2月に又、同じ場所が痛くなり、特に左上6番は熱いものが触れると飛び上がるほど痛い。と訴えたところレントゲンを取ってから、「大した事は無い。ペインクリニックを紹介しようか?」といわれたので断った。
     そして前年七月に退職していたので春日部のA歯科医に移ったが、左上6番のうち二本は石灰化しているのでパフォルのでここでは治せないといわれた。またB歯科医は心因性ではと言う。しかし交互に痛みは続いている。どうすればいいでしょう。通えそうな蛭間先生お答え下さい。


  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。診させていただかなければなんとも言えませんが、心因性ではないと思われます。
     根の先に膿があるのか、ハセツがあるのかもしれません。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.