絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 前歯 インプラント
  • Q.前歯は周囲の骨が薄いので、抜歯前にCTを撮り、抜歯と同時に根のあった部分にインプラントを埋め込む方が成功率が高い。抜歯し周囲の骨が落ち付くのを待つと、骨が痩せすぎてインプラントができなくなる可能性があると言われてます。前歯の場合はよくある手順なのでしょうか?
     先月に上顎の前歯を診て頂いた者です。(10年前に神経を抜いた歯が根元から折れてグラつく)その節はありがとうございました。
     あれから痛みも腫れもなくグラついたまま抜歯はしていません。
     どうしても両側の歯を削るのは避けたくインプラントを前提に考えているのですが、治療の手順として下記を進められています。
     前歯は周囲の骨が薄いので、抜歯前にCTを撮り、抜歯と同時に根のあった部分にインプラントを埋め込む方が成功率が高い。抜歯し周囲の骨が落ち付くのを待つと、骨が痩せすぎてインプラントができなくなる可能性があると言われてます。前歯の場合はよくある手順なのでしょうか。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     その通りだと思います。時々ですが、ほんの稀ではありますが、歯が前突する場合もございます。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.