絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 膿の袋と保存治療
  • Q.はじめまして、米国在住の者です。5年前に差し歯にした前から4番目の歯の歯茎に直径5mm程度の膿の袋が出来ました。
     はじめまして、米国在住の者です。
     5年前に差し歯にした前から4番目の歯の歯茎に直径5mm程度の膿の袋が出来ました。
     5年前に差し歯にした際、割りとすぐに同様の症状があったため、一度はずして根幹治療をしていただいたのですが、再発しました。
     当地の歯医者に行ったところ、太い芯が入っていて再度の根幹治療は歯が割れる可能性があるため、外科的手術をするとのこと。
     しかし、膿の位置が通常よりも下にあるため、もしかしたら根にヒビがある可能性も捨てきれず、その場合はその場で抜歯になるとのことです。
     尚、その部分を押すと少しだけ歯が浮くような感じがしますが、痛みはありません。
     手術は構わないのですが、抜歯に抵抗がある為、他のお医者様の意見も伺いたくメールさせて頂きました。
     ヒビのある可能性が高いと思われるかどうか、また、その場で抜かない方法があるかどうか教えていただければと思います。宜しくお願い致します。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     米国から同じご質問を何回も頂いておりますが、太い芯、ハセツ、根の手術、すべて完璧に治るものはございません。
     無論抜歯となることもございます。
     とくに米国においては、根の再治療は、行わないようにと太い芯を入れるようです。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.