絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 膿胞による頭痛と差し歯を入れ替えずに治療する方法
  • Q.20年程前に前歯の上の歯茎に膿胞ができ、根の治療をして差歯にしました。それ以降も2度程、膿が溜まり差し歯の入れ替えをして治療をしましたが、まだ疲れが出るとちょうど鼻の下のあたりに痛みが出て、また頭痛が始まります。
     20年程前に前歯の上の歯茎に膿胞ができ、根の治療をして差歯にしました。
     それ以降も2度程、膿が溜まり差し歯の入れ替えをして治療をしましたが、まだ疲れが出るとちょうど鼻の下のあたりに痛みが出て、また頭痛が始まります。
     今、通っている歯医者では痛み止めなどを処方し、痛みを散らす方法で様子見となっていますが、差し歯を入れ替えずに治療する方法はありませんでしょうか?助けてください。よろしくお願いします。

  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。
     できれば、正攻法で根の先へのアプローチが良いのですが、だいぶこじれているのと差し歯の軸があるかもしれませんので、根端切除の手術をすれば宜しいかと思われます。
     他で過去に2回手術を受けられて予後が悪い方が、先日3回目を当医院でお受けになられ、抜かずにすみました。経過も良好です。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.