絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・ 根の治療、これ以上本当に無理なのか?抜歯しかないのか?
  • Q. 根の治療、これ以上本当に無理なのか?抜歯に抵抗があり、治療できる可能性があるなら抜歯はしたくないです。
    はじめまして、よろしくお願いします。
    10年位前に右下6番目の歯を治療しその時神経を抜き、歯全体を小さくし銀歯を被せ治療を終了しました。
    治療から2〜3年後、歯が浮くような違和感を感じ、別の歯科で再治療をお願いしました。
    被せた銀歯を外し根管治療を始め、1回目の治療を終えた後から膿がたまりかなり腫れたりしました。
    数回根管治療を続けて腫れはひきましたが、膿は出続けました。
    「このまま治療を続けても歯の強度がなくなってしまうので、元に戻しこの歯がダメになるまでこのままにします。」とのことで、治療を終わらせました。
    やはり完治していないので、体調不良などの時は違和感を感じます。腫れたり、たまに痛みます(激痛というほどではないですが)その様な状態なので、これ以上治療は本当に無理なのかセカンドオピニオンで別の歯科に見ていただいた時も同じ意見でした。
    再治療してから数年経っていることもあって、歯茎がだいぶ下がって歯の根が見えています。(外側だけで、内側は何ともないです)やっぱりあきらめきれずに虫歯治療の意味もかねて先週また別の歯科に見ていただきました。診断の結果状態は悪いそうです。
    このまま残すよりは、見切りをつけて抜歯して保険内で治療するならブリッジ、部分入れ歯、保険外ならインプラントとのことです。
    私としては抜歯に抵抗があり、治療できる可能性があるなら抜歯はしたくないです。
    歯はグラつくことなくしっかり噛めてます。なので余計に抵抗があります。
    今回見ていただいた先生の通り見切りをつけて抜歯するべきなのでしょうか…宜しくお願いします。

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
    お答えいたします。抜かないでください。いま一度私に診させてください。おなじ症状の方が今年も数十人おみえになり、ただの1本も抜かずに治しています。
    早くおこしください。動かないというのがみそです。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.