絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯根のひび・歯茎にのう胞・歯列矯正・のう胞・根の治療
  • Q.先生のホームページにはひびがあっても保存できる場合が多いとありますが、具体的にはどういう方法で保存するのでしょうか?
    右下の一番奥とその隣の2本なのですが、根の治療を何度か受け、その先生の紹介で根の治療の専門医にも診ていただきましたが、レントゲンには写らないが歯根のひびの可能性が濃厚で、抜歯とインプラントを勧められました。硬いものを噛むと痛みがあり、たまに鈍痛、歯茎にのう胞ができたり治ったり、今は一番奥にのう胞ができています。歯茎も炎症が起きやすい状態で、針のようなものを歯茎に刺すと、かなり深くまで入る箇所があり、主治医にはこれもひびの特徴だと言われました。歯列矯正を4、5年前にやり、寝ている間無意識のかみ締めがあります。その二本の隣と反対の奥歯の二本をインプラントにしていて、もうこれ以上抜歯は避けたい気持ちもあるのですが、専門医の判断のため仕方がないのかとも思います。先生のホームページにはひびがあっても保存できる場合が多いとありますが、具体的にはどういう方法で保存するのでしょうか?


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
    お答えいたします。事実は小説より奇なりと申しまして実際治療をし、治ることが多いと思います。当医院ではかなりの本数で抜歯と診断された歯を抜かずに助けております。
    いくら説明されてもこの目で見てみないとまたさわってみてみないとなんとも申しあげられませんが、一度ダメモトで是非お越しください。抜かれたら総てお終いですから。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.