絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯根のう胞・根管治療・歯茎の膿・歯根端切除・セカンドオピニオン
  • Q、根のズキとした痛みが時々あり、疼きます。歯茎の出来物も腫れている状態です。怖いのと、信用ができないのとで、嫌になり病院には行ってません。このまま転院か継続か悩んでいます。
    歯根のう胞でご相談したくお願いします。鼻の下に、プックリと腫れ物が出来まして、唇をめくるとブヨブヨした膿のような感じでした。 しばらくして、硬くなってることに気付、歯科に行った所、右前1番と2番の、のう胞とのことで、ブリッジのクラウンを削り、土台を外し、根管治療が始まりましたが根から膿が出ないとのとでした。3回くらい繰り返したところで、大豆のように腫れていた出来物が柔らかくなり潰れました。(膿と血があふれました)しかし、先生は、歯根より膿がでないのがおかしい!と言い、これ以上治療は無意味!といわれました。出来物はほとんど小さく、薄い状態で後退しているかんじでした。歯の痛みも消え始め、良好な感じでした。 膿が出た6日後に治療時に薬を充填します。と言い切るので、まだ、痛みもあるし、出来物も完治していないので、止めてください!と頼んだのですが・・無視され、薬を入れられました。レントゲンを撮られ、歯茎の膿はまだ完治していませんが、歯根から膿が出ないのに、治療事態無理との事でした。ほとんどの通院時にレントゲンを撮るので、聞くと、根の治療時には都度レントゲンをとります。とのことです・・。次は、左1番の根管治療をするとのことです。 右1番2番は歯根端切除したらいいでしょう・・といわれました。耐え切れず、先生にセカンドオピニオンを受けたいのですが、と言うと、受ける必要無し!と言い切られました。薬が歯根から漏れ、疼き、歯茎の出来物が一夜でまた、元の大きさに腫れ上がりました・・。電話で、状況を伝えると、どうしようも出来ません。抗生剤おだししますよ。との返答・・。現在6日が経過していますが、根のズキとした痛みが時々あり、疼きます。歯茎の出来物も腫れている状態です。怖いのと、信用ができないのとで、嫌になり病院には行ってません。このまま転院か継続か悩んでいます。

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
    お答えいたします。毎日毎日山ほど同じ症状の患者さんがお見えになります。拝見させていただかなければ何とも申し上げられませんが、こじれにこじれているようです、歯根端切除をおこなっても再発するケースもございますが、とにかく根の治療をするしかございません、セカンドオピニオンで本日は5名おこしになられました、とにかく抜かれないことです。ケースバイケースで千差万別、膿の量の有無、痛みの有無、腫れの有無すべてクリアしなければ防腐剤はいれられません。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.