絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・インプラント・ジルコニアブリッジ・歯周病
  • Q、抜く場合は、骨が少ないだろうし、糖尿病予備軍ででもある為、インプラントではなくジルコニアブリッジを計画しています。この場合、抜歯後は仮歯はしない、とのことで、外観上宜しくないです。また早期に抜かないと歯周病が更に進行するのでしょうか。
                  

    上前歯1本No1(真ん中2本の内の右手側)が、茶褐色で、ぐらぐらしていましたので、今は暫定的に両サイドの歯に接着しています。H18.12に舌側のポケットは11mmで、頬側は7mmでしたが、現在は舌側の歯茎が歯にくっついているだけで、頬側は歯の根元がむき出しに見えます。以前通っていた歯医者は、抜くしかないとおっしゃっていました。この状態で、抜かないで回復できるのでしょうか。仮にできるとすれば、費用はザックリいくらかかりますか。また、抜く場合は、骨が少ないだろうし、糖尿病予備軍ででもある為、インプラントではなくジルコニアブリッジを計画しています。この場合、抜歯後は仮歯はしない、とのことで、外観上宜しくないです。また早期に抜かないと歯周病が更に進行するのでしょうか。当面はこのままでいれればと思います。いろいろ迷いますのでご教授の程宜しくお願い致します。

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
    お答えいたします。治癒は難しいと思われます。やはりブリッジになるでしょう。仮歯がないとみ栄えが悪いのでつくるべきです。お大事にどうぞ。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.