絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・根の治療・膿袋が悪化・抜歯してブリッジ・根の治療をやり直す
  • Q、ブリッジの場合には左右の歯も削らなければなりません。一応該当歯の左右とも神経が残っています。根の治療をやり直すという選択肢は無いものでしょうか?

                 

     昨年、歯科で膿袋があるから治療した方がよいと言われ、2回ほどの根の治療をしました。
    1年経って該当歯が(上前2番)が鈍く痛み出したので、再度通院すると、膿袋が悪化して大型化している。抜歯してブリッジかけましょうと、言われました。この先生の意見としては、一度治療が失敗しているので、もう一度やっても同じであろうとのこと。
     しかし、ブリッジの場合には左右の歯も削らなければなりません。一応該当歯の左右とも神経が残っています。根の治療をやり直すという選択肢は無いものでしょうか?ご教授ください。

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。根の再治療は抜かずに治すことも多々ございます。抜くか抜かないかは観て見なければわかりません。あきらめが早い歯科医と必死で治したいという歯科医との差もあるように思います。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.