絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・根管治療・歯茎の痛み・歯茎の腫れと膿み
  • Q、保存の方向で治療はしたいのですが、抜歯をすることで身体の症状の悪化のリスクを減らすことに繋がるなら抜歯も考慮したいと思って悩んでいます。
                 

     小学生の頃神経を抜いた右上の歯が、ちょうど1年前に物を噛むと傷むようになり、歯根が一つ折れていて歯茎が腫れていたので根管治療とカルシウムを入れる治療をしました。
     昨年中も時々歯茎の痛みがありましたが、すぐおさまっていたため、治療はしていませんでしたが、今年に入ってから、痛み・歯茎の腫れと膿み・出血・口臭の症状が出るようになり、状態に波はありますが、歯茎が重くだいぶ細菌がいるんだろうなと思っています。歯医者さんにいったところ、根の先より更に奥の組織のあたりが膿んでいると思われる。ひどいと抜かなくてはならなくなるがなるべく抜かない方向でいきたいので、まずは根管治療をしましょう。とのことでした。
     たしかに保存の方向で治療はしたいのですが、迷いもあります。奥の組織の膿みは根管治療で治療できるのでしょうか?
     抜歯をすればこの膿みはなくなるのでしょうか?
     また昨年、喘息、慢性鼻炎、頭痛、眩暈、内耳炎をし、免疫力も落ちて体調不良が続いています。これらの症状と歯の細菌との関係は考えられますか?
     抜歯をすることで身体の症状の悪化のリスクを減らすことに繋がるなら抜歯も考慮したいと思って悩んでいます。発想が逆で、体調不良で免疫が落ちたため、歯も悪い状態になっていることも考えられますよね。そのばあいは急いで抜歯せずに根管治療をしながら、まずは身体の回復につとめようと思っています。

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。ほとんどのことはそのとうりだと思います。抜けば治りますが、もしもなおせるものならば、、、、、、と考える次第です。





 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.