絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯茎の痛み、噛み合わせが悪い、親不知からくる放散痛、根管治療、フロモックス
  • Q、鈍痛が毎日続き頭痛や肩こりもひどい状態で精神的にもまいっております。何か解決方法があればと思いご相談させて下さい。
                 

     はじめまして。2月の中旬から左の奥歯上下(2番目)の歯茎の痛みに苦しんでいます。
     若いころに虫歯になり上下とも治療し銀歯が入っており、神経も抜いてあります。鈍痛が毎日続き頭痛や肩こりもひどい状態で精神的にもまいっております。何か解決方法があればと思いご相談させて下さい。
     経過をお話致します。3月1日緊急歯科→奥歯上下治療済みの下が膿んでいると診断。翌日近くの歯科を受診→歯周病で噛み合わせが悪い。食いしばりや歯ぎしりで無理な圧力がかかっているため痛むと診断。噛み合わせの調整、マウスピースの作成で1カ月。その間痛みは訴えるが治療はなし市販の薬で対応するように指示される。途中顎の下の炎症で総合病院を受診→フロモックスを処方される。4月15日痛みもひどく歯茎からの出血もあり辛いので別の歯科を受診→親不知からくる放散痛と診断。口腔外科を紹介され、受診するが親不知が原因とは考えにくいが、来月抜歯予定。
     以上の経緯で何が原因と思われますか?お忙しいところ申し訳ありません。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。根の先にある膿のせいだと思います。根管治療の必要性を感じます。きちっとアクセスしなければ、つまりあけなければ治らないのかもしれません。お大事にどうぞ。





 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.