絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・東京、インプラント、根管治療、ブリッジ、ファイバーコア、根の先が炎症
  • Qどうしてもこの歯を残したいのですが、外科的な手術で見込みはあるでしょうか?蛭間院長でも同様の処置をされますでしょうか?


     左上6番の根管治療について悩んでおります。
     ブリッジの土台となるため、昔、抜髄済みの6番を現在再治療中です。最近この歯が急に痛みだし、歯茎が腫れるほどになってしまいました。先生によると、根の先が炎症を起こしているが、この炎症を起こしている根(3根管のうちひとつ)が、湾曲していて、先端まで治療ができないとのことです。通常の根管治療ではこれ以上難しいので、外科的な手術でアプローチする方法があるとおっしゃっています。
    ただ、成功しない場合は抜歯しかないと言われました。外科的な手術は現在の医院で可能とのことです。(インプラントも行っているインプラント指導医の先生です)ブリッジの土台となるため、どうしてもこの歯を残したいのですが(先生もそれを望んでいましたが)、外科的な手術で見込みはあるでしょうか?
     蛭間院長でも同様の処置をされますでしょうか。5番は中の虫歯が残せず抜歯となり、前歯のブリッジと繋げて6番までブリッジにする予定でした。ちなみに7番も残せず抜歯しました。今は右側だけで噛んでいる状態です。
     現在の先生は、上顎や前歯のインプラントは、審美性や骨の問題もあるのであまり勧められないとおっしゃっています。まだMRIも撮っていないので骨の状態はわからないのですが。ブリッジの補綴は全て土台はファイバーコアで、セラミックの予定になっています。
     ご多忙のところ大変恐縮ですが、貴見伺えましたらと存じます。宜しくお願い申し上げます。





  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。みんな同じご質問です。抜いてインプラントをという考え方は私はしません。とにかくその歯を保存することを最優先させていただいています。




 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.