絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・詰め物、ポケット、歯を維持、抜歯
  • Qこのような状況で 歯を維持、できれば再生するよい方法はないでしょうか?


     右上一番奥歯、以前神経をとり詰め物がしてありましたが痛みを感じ受診しましたところ 縦に割れ目が入ってるとのことで 内側四分の一ほどを取りました。
     次回はぎざぎざを治すとの事で 割れて取った部分は歯肉がかぶってしまっているので 再生はできないということと 歯茎のした骨のとこまでポケット状態になっているのでむしばになりやすく いずれは抜歯するようになるとのこと。
     現在痛みはありません。18金ネックレスで皮膚が赤くなるので アレルギー傾向はあるかもしれません。
     このような状況で 歯を維持、できれば再生するよい方法はないでしょうか?よろしくお願いします。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。毎年毎年2倍3倍と同じご質問がまいりますが、抜かずに済むものは抜かずにすみます。風邪で痛みを取る、熱を下げるは答えはひとつですが、歯の場合は命に別状はありませんが、いろいろあるのです。抜くと言われれば抜く、残せるからと思って努力させていただければ抜かずに済むものはたくさんあります。すべて歯科医個人の裁量権による差にあるように思います。すべて正しいのだと思います。あとは患者さんがなにを、またその歯科医を信じていただく以外にないと思います。





 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2010 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.