絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯根破折、歯周ポケット、プラーク、根管治療
  • Q可能な限り抜歯は避けたいですが金額的には諦めなければいけないこともあるので大体でいいので教えて頂けますか?

     歯根破折について悩んでいます。右下親知らずの詰め物が取れてしまったので初めての歯医者さんに行ったところ初診ということでパノラマレントゲンと歯周ポケットのチェックをしました。
     その後10数年前に神経を取って銀のかぶせをしてある右下6番の歯茎が少し下がって歯が見え歯茎が腫れてしまいました。先生に尋ねた所クラウンと歯の境が虫歯になっているので冠をはずして虫歯を治さないと隙間にプラークが付くので完全には治らないと言われたので治療することに決めましたが処置はしてくれませんでした(その際痛みはありませんが将来的に最悪の事態を避ける為他の虫歯も治していくことにしました)。
     冠を外す時の決まりということで上の歯茎の掃除→7日後下の歯茎の掃除・上下の歯型の型どり→7日後再び歯周ポケットのチェックを受けたあと自分の歯形の模型と1回目に撮ったパノラマレントゲンを見ながら「この写真を見ると神経をとった歯の根の一部が黒くなっていて根元から少し下に少し黒い影が見えるのでもしかしたら根にひびが入っている可能性がある。その場合は抜歯もしくは半分だけ残してブリッジにするしかない。開けてみないと分からないが一応抜歯の心構えをしておいて欲しいので伝えた」と言われその日は帰されました。
     次回もう少し調べてみると言われたのですが保険外の白い歯を勧められて迷っていたのになんでそんな事になってしまったのか怖くて仕方がありません。家に帰ってから歯根破折について検索をかけ続け同じ様な症例を探しましたが歯根破折していた場合は基本的には抜歯しかないと書かれてました、中には何件か残せる場合もあると書かれていましたが治療は保険外?で残せたとしてもどれくらいもつ のか不明です。
     先生の所では歯根破折の場合でも残せる人が多いと書いてあったので現在通ってる歯医者に事情を話して右下6番の処置に入る前に先生の所に行ってみたいと思いました。次回の予約が3日後なのでその時にもっと詳しく調べるより(CTを撮ったりするのかは分かりませんけど)右下6番については処置しないでそのままそちらで診てもらった方がいいですか?
     保険内で根管治療は行うということでしたが土台や冠も合わせるとトータルでどれくらいかかりますか?
     どっちにしろ可能な限り抜歯は避けたいですが金額的には諦めなければいけないこともあるので大体でいいので教えて頂けますか?

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。根の治療は保険内でおこないますが、治したならば、保険外のものを使う場合のほうが多いかもしれません。必死になおしても、ヒビやハセツがあるのに万年筆のペンさきと同じような成分のパラジウムの冠や軸をいれればまたすぐハセツにつながる危険性があるからです。どうしても保険内でやられるのならば保険でよいと思われますが、拗れた根の治療は大変難しく、欧米では根の治療費は2500ドルから4000ドルもするそうです。なるべく神経はとられないことをおすすめします。根の治療費のトータルは日本では数千円、根の中に薬を詰める前の消毒治療費は勿論ご本人3割負担で誰でも前歯奥歯の違いこそあれ200円前後なのです。アメリカでは円高とはいえ1本の治療費は20万以上します、白いものや、ゴールドをお奨めになられるということは決して悪いことではないのですが、やはり10万円前後はかかる材料のほうが長持ちするように思います。女性の平均寿命はもうすぐ90才になると思います。あと50年もどうなさるのでしょうか、いつも言うのですが、歯はやたら削られない神経は取られない定期検診と予防につlきます。生涯もっとも安上がりな歯の健康人生となります。何でも、いつでも気軽に、気さくにお話ができるかかりつけ歯科
    医をお探し下さい。一度は最高の治療をある程度費用もおかけになりピチっと治されて、もう2度と、2ドト削られず歯をいじられずに定期検診をしていただくことを心からお願いします。前にも申しあげましたが、予防に同じ歯科医院へ通われ素晴らしい歯科衛生士によるPMTCをお受けください。勿論健康保険でです。数千円です、が自費の場合もあるでしょう。いずれにしても定期管理されてた方のほうが痛いめや高額支払いなどの経験や再治療などありませんし、80歳における歯の数20本どころかすべてある人も多く健康で長生きでぼけもなく正常な人がほとんどだという統計がございます。先日、ラジオで徳光さんが言っておられました。誰でも老いはくるが、御飯がおいしいーーー老若男女誰でも生涯の楽しみは食事だとか考えますがいかがでしょう。今は保険でなおされいつか自費のものをおやりになればよいのではないでしょうか。失礼を申し上げまして大変恐縮に存じ上げます。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2010 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.