絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・顎関節症、インプラント、歯茎が腫れる、根の再治療
  • Q自分の歯を抜いてしまうということがどうしても受け入れられずショックでずっと悩んでます。

     初めてご相談させていただきます。
     顎関節症で通っていた歯医者さんで、噛み合わせの治療の中で左上の一番奥の歯、下の左右両側6番目の歯を治療しました。その後その3本の歯が歯茎が腫れたり膿んできて抜いてインプラントにしようといわれました。
     でもその歯医者さんでいじられた歯なので納得がいかず、他の歯医者さんにもいきましたが「その歯医者に壊されたね。訴える?気の毒だけどインプラントしかないよ。歯の下にひびが入ってるから」といわれました。
     それから、自分の歯を抜いてしまうということがどうしても受け入れられずショックでずっと悩んでます。そういう歯はもう抜くしかないのでしょうか?
     ネットで蛭間先生のところで治療された方々のお話を読んですがる思いでメールさせていただきました。
     よろしくお願いいたします。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。歯科の治療ほど抜歯のラインがはっきりしないものはないのでしょうか。最近毎日毎日、ヒビ、膿、こじれた根の再治療、抜歯、インプラントをすすめられた、という相談が日増しの多くなってきておりますが、拝見させていただかないとなんとも申し上げられません。今年ももう数十本、抜かれる寸前で助けさせていただいております。



 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2011 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.