絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・根菅治療、歯根端切除、インプラント、歯を残したい
  • Q根管に穴がある場合は歯根端切除が妥当な方法か、確率が低くても切除に 賭けるべきか、アドバイスをお願い致します。

     一年以上、根管治療を続けてきたのですが良くならず、噛むと痛みがある状態が改善されないため、先日設備のある別の歯科医院でCTを撮って診断してもらったところ、根管の一部に穴が開いているそうで歯根端切除を提案されました。ただし予後が悪いパターンなので切除をしても上手く治る確率は40%くらいで、治らない場合は抜歯してインプラントになるだろうとのことです。
     出来ることなら歯を残したいのですが、根菅に穴がある場合は歯根端切除が妥当な方法でしょうか?
     また確率が低くても切除に 賭けるべきでしょうか? アドバイスをお願い致します。



  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。大変申し訳ございませんが、このような症例の場合、やはり手術は必要になるとおもわれます。後はいかに痛まず再発せずに使えるかだと考えます。確率100パーセントでははございません。インプラントやブリッジがイヤだとお思いならば、抜かれるのがおイヤならばその手術の成功確率を信じておやりになるのが一番良いのではないでしょうか。癌で手術をすすめられて受けるか止めるかということにているかもしれません。少し大げさかもしれません。すいません。




 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2011 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.