絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・インプラント差し歯抜歯クラウン
  • Q抜かないという選択肢があるのであれば私はそちらを選びたいで

     右下最奥歯の治療中です。
     10年以上前に神経を抜いて柱を埋め込んでカブセモノをしていました。痛むのでレントゲンを撮ると膿がみつかり、クラウンをとり、柱を抜き、消毒治療を続けてきました。そろそろ終わりか、という頃に、医師が「あっ!歯が割れている、こうなるともう治療はできない、そこからまた細菌が入ってしまうから」と言いました。
     まずは抜歯し、その後、放置するかインプラントにするか、差し歯にするかを考えてくるようにと言われ、私が結論を出すまでのあいだ、週に1回ずつ消毒に通っています。
     抜かないという選択肢があるのであれば私はそちらを選びたいですし、インプラントは金属ネジを骨に埋め込むのだと説明を受け、そんな不自然なことをして身体に負担がかかるに違いないと腰が引けています。
     ご意見を伺えますでしょうか。そして、できましたら診ていただけますでしょうか。
      今通っている歯科医は、誠心誠意で信頼していますが、できるだけ専門の方に診ていただきたく思います。



  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。いつも申し上げているのですが、拝見させていただかなければ何とも申し上げられません。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2011 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.