絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・乳歯のままブリッジインプラント入れ歯抜歯歯周病
  • Q将来、入れ歯にはなりたくありません。心の底から、インプラントにしておけば良かったと後悔しています。

     私は母からの遺伝で、下の前歯に生まれつき大人の歯がなく、二本とも乳歯のままでした。(2本の乳歯は非常に小さく、幅は2つ合わせて大人の歯一本分しかありませんでした)
     22歳になった半年前、見た目が悪いという問題から、治療することになりましたが、歯医者さんからは、「下の歯の2番を削り、間に一本分(幅が狭いため)合成歯を入れる」という、ブリッジについてしか説明を受けませんでした。(後から知った事ですが、その歯医者さんではインプラントの治療を行っておりませんでした)
     現在、私の下の歯は、2番が両方とも神経を抜かれた状態のブリッジをしております。しかし、同じく神経を抜いている母のブリッジ部分が入れ歯になったことから、将来について不安を抱き、自ら調べた結果、インプラントの存在や、ブリッジのリスク(いずれ土台となった歯が悪くなって、抜歯という結果になる場合が多い等)について知りました。将来、入れ歯にはなりたくありません。心の底から、インプラントにしておけば良かったと後悔しています。
     歯医者さんは、なぜインプラントという選択肢について説明してくれなかったのかと、やりきれない気持ちでいっぱいです。

    【質問内容】
     1.今からでもインプラントにするべきでしょうか。その場合、いつまでにインプラントにするのが望ましいでしょうか。(ブリッジに30万払ったので、今すぐだともったいないという気持ちがありますが、ブリッジのままだと骨が薄くなって、手術の際に移植が必要になるのではと不安なので、いつまでにインプラントにするべきか大体の目安が分かると嬉しいです。もちろん、今すぐインプラントにする方が良いのであれば、すぐそうするつもりです)
     2.インプラントにすると、現在のブリッジの土台の歯にはかぶせ物をすると思いますが、神経を抜いてしまって弱くなった土台の歯は、いずれ歯周病や虫歯によって結局は抜歯される可能性が高いのでしょうか? 土台が2本ともだめになった最悪の場合、インプラントが3本となるのでしょうか…
     何卒、ご回答のほど宜しくお願いします。



  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。インプラントは簡単にできるものではないし抜けることもございますが、削るよりはとの比較かもしれません。勿論インプラントをおやりにならなくても素晴らしい先生はたくさんいらっしゃいますし、インプラントの専門の先生もいらっしゃいます。インプラントは本数とともにお高くなるはずです。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2012 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.