絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯茎の腫れ、抜歯、ブリッジ、歯の亀裂、インプラント
  • Q歯の様子を見みないと分からないと思いますが、おおよそでも治療にかかる日数と費用を教えて頂きますと、とても助かります。

     本日近所の歯医者に行った所、以前から歯の歯茎が腫れたりしていた奥歯(6番目)の冠を取って診て頂いたら、神経を抜いた歯でもあったので弱くなって歯に亀裂があって、周りの骨も溶けかけているのでこのままだと他の歯にも影響を及ぼすので抜歯をするしか方法はないと言われました。
     通っている歯医者の先生の話では、一番使う歯なのでなるべく歯を残したいので歯の半分(傷んでいる方の歯)を抜歯して、半年後にブリッジを付ける治療法をすると言われました。
     ネットなどで調べていても、歯の亀裂は歯の臨終と書かれてあってこのまま残しても他の歯に影響を及ぼすと書かれてある歯医者さんが大半でしたが、ブリッジの治療の後の半分残した歯は弱いので長い間持たずに結局抜歯してインプラントか入れ歯になるとも書かれていました。
     ここまで治療してもブリッジがあまり長い間持たなくて結局抜歯になるのならば、なんとかならないものなのかと思いながらそんな中、先生のHPを発見しメール致しました。
     しかし、今の私の家庭状況が子供が3人(私立薬学部1年・私立高校1年・公立中学1年)いてお金が一番掛かる年代で、長崎在住ですので、もし治療に通うともなれば交通費や宿泊費なども掛かるので、どうしたら良いのかとても考えています。
     多分、近所の歯医者で抜歯をすることが一番費用が少なくて済む様に思えますがこれからの長い人生、先々の事を考えるとやはり先生の様な考えの所で治療をお願いする方が自分の歯の為にもまた、食べ物は口から入るものなので身体のためにも良いように感じます。
     実際に、歯の様子を見てみないと分からない事だと思いますが、おおよそでも治療にかかる日数と費用を教えて頂きますと、とても助かります。
     先生もお忙しい中、私のような遠方からの問い合わせ大変恐縮致しますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

     

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。いつまで持つかについては、病気があり、お医者さんに聞く場合に骨折、リウマチ、脳梗塞、癌それぞれ違うように、半分に切って残しても、きちんとケアをし定期的に来られて、10年以上のかたもいらっしゃいますので何とも申し上げられません。治療期間は3ヶ月くらいかもしれません。そのお近くの先生に残していただいたらよろしいかと思います。




 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2012 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.