絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・根管治療、インプラント、歯槽骨、歯を保存したい、歯根破折、ブリッジ
  • Q 歯槽骨の吸収が進んでいる歯根破折した歯の保存は可能でしょうか。

      20年前膿の根管治療を引越しで中断して以来 下前歯左1番の差し歯の歯茎を押すと膿が出る状態が何年も続いています。
     インプラントの可能性を他院でCTで診断してもらった結果、歯根が縦割れしていて、歯槽骨の吸収がある。出来上がりは歯ぐきが下がって見える事になる。骨が十分盛り上がるかどうかはやってみなければわからないとのことでした。
     歯根膜の大事な働きを知り、できることなら歯を保存したいと思います。歯槽骨の吸収が進んでいる歯根破折した歯の保存は可能でしょうか。
     私の場合、この文章から何%ぐらいの可能性があるでしょうか。
     診察してみる価値はありますか?
     ぶしつけな相談で申し訳ありません。無理な場合、歯茎が下がるインプラントよりブリッジで考えております。
     本当は悪くない両側のはを削るのがいやなのです。悩んでいます。

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。破折の部位、位置、大きさできまります。拝見させていただかないとなんとも申し上げられません。すいませんです。





 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2012 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.