絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・メタルボンド、オールセラミッククラウン、酷い悪臭、プラーク、再根管治療
  • Q メタルポストの一つは土台と一緒に取れてもう一つは芯が折れて根管に残ってました。この場合は再根管治療はできないのでしょうか。

     お忙しい中相談を受けて頂きましてありがとうございます。
     神経を取りメタルボンドを入れていた歯を3ヶ月ほど前にオールセラミッククラウンに入れ替えました。
     その歯が先日土台ごと外れ2根管に入っていたメタルポストの一つは土台と一緒に取れてもう一つは芯が折れて根管に残ってました。
     取れた時に酷い悪臭がしたので空洞になった方の根管の中の汚れを自分で爪楊枝でかき出したらプラークが出てきて出血もありました。
     翌日歯科医院にいきましたが洗浄もせずそのまま接着をして終了になりました。このままでは細菌が繁殖しないか心配です。
     セラミッククラウンを入れたときに土台の入れ替えはしていません。
     この場合は再根管治療はできないのでしょうか。
     もしできた場合は入れ替えたばかりの歯は壊す事になりますか。
     又は再度歯が外れたら壊さずそのままその歯は使えますか。
     どうか教えて下さいませ。宜しくお願い致します。

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。そのままだと細菌は繁殖すると思います。何が入っていようときちんと取り去り、なお治療をするべきだと考えます.。






 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2012 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.