絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・レントゲン、抗生剤、妊娠中、抜歯、妊娠中の治療
  • Q 出産後の治療が良いでしょうとのことですが、腫れは大きくなっているし、そのままで本当に大丈夫なのかとても心配です。
     

     現在妊娠27週目のものです。
     妊娠初期に右下奥歯の歯茎がプクッと膨らんで、かかりつけの歯医者に行きました。
     その際に言われたことは、確実なことはいえないが、昔のレントゲンを見てみるとおそらく神経をとった歯の根っこに膿が溜まっていると思われるが、レントゲンも抗生剤も妊娠中で使わないほうがよいので、出産後の治療が良いでしょうとのことでした。
     しかし、だんだん腫れは大きくなっているし、そのままで本当に大丈夫なのかとても心配です。
     レントゲンも抗生剤も調べてみると妊娠中でも大丈夫だという意見もあったりで、むしろ抜歯になってしまうのではないかという不安の方が大きいです。
     それでもやはり今の時期の治療は負担でしょうか?
     先生の病院では治療可能ですか?
     ご回答よろしくお願い申し上げます。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。皆同じご質問です、抜くか抜かないかは拝見させていただかなければなんとも申し上げられません。わたしも妊娠中の方は手がつけられないと考える歯科医です。






 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2013 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.