絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・親不知、抜歯、ブリッジ、被せ物、歯医者恐怖症、保険
  • Q 正直歯医者恐怖症になっていると思いますが、どうにかしなければならないのはわかっています。
     

     はじめまして。
     左下奥歯が真っ二つに割れて二年が経過しました。以前、親不知を合わせた治療をと思い大学病院へいきました。
     そこで、親不知の抜歯と、破折疑いの奥歯を治療していただこうと思ったのですが、親不知は粉々にし抜歯となり、欠片が残ったままです。
     奥歯の破折疑いのところを確認しようとした先生には、「割れる危険が高いとか不安要素があるなら、やらないで(治療しないで)ください」と言ったのに、「大丈夫ですよ」と軽く笑って言った、忙しいその人は、被せ物を強く取ろうとし、歯を割って「割れてますね。これだと抜くしかないかブリッジです」と平然と言いました。
     口内の改善の為に清掃してくださった担当の先生もいたのに、割れてなかったことを知っている筈の先生も、何も仰いませんでした。
     そんな体験から、その病院での治療は断念し、他に数件行って見たのですが、治療方針を決めてから治療を始めた方がいいと言われ、物凄く痛い訳ではないこともあり、つい治療をしないままになっています。
     正直歯医者恐怖症になっていると思いますが、どうにかしなければならないのはわかっています。一度診て頂きたく思います。
     また、放っておくとどの様な事になりますでしょうか?
     診療には保険が適用されますか?
     ご回答頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。こじれたものは100パーセントもとにもどるわけではございません。



 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2013 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.