絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・根管治療、副鼻腔炎、上顎洞炎、根の膿の袋、抜歯
  • Q 2年半くらい前に歯のかぶせの治療中に炎症を起こし、その後4、5回繰り返しています。

     2年半くらい前に歯のかぶせの治療中に炎症を起こし、その後4、5回繰り返しています。
     子供が小さくなかなか病院にゆっくり行けなく、未だに授乳中のため根管治療を延ばしていました。
     今回はあまりの痛みに病院に行きました。今回は先週から我慢できないほどの歯の痛みで痛み止めを飲み、抗生物質を9日から飲みましたが、ひどい痛みでまたひどい副鼻腔炎になりました。
     近所の病院で上顎洞炎になっているから大きな病院を紹介するとのことで行ってきました。
     そして、その病院でレントゲンとCTを撮り、歯の根の膿の袋が大きすぎる上、上顎洞まで続いてしまっているかもしれないから、抜歯しかないと言われました。
     神経を抜くのも躊躇ってたので、あまりにショックでした。
     とりあえずワンステップ置くのはどうかと根管治療してもらえないかと聞くと、無駄だと思うけどねーと言われました。
     やはり、いきなり抜歯するしかないのでしょうか?
     根管治療しても無駄なのでしょうか?



  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

      お答えいたします。上顎洞炎が歯の先の病気とあわさると大変難しい治療となります、どうぞ一度お越し下さい。お子様もご一緒にどうぞ。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2013 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.