絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・根管治療、歯茎の腫れ、セラミックのかぶせ物、歯の抜髄治療、自分の歯を残す
  • Q 今使用しているセラミックのかぶせ物を残しつつ、自分の歯も残して治療して痛みをとることは可能でしょうか?

     現在、根管治療をした歯の奥の方に鈍痛があります。
     痛みがあるのは上の前歯ですが、以前かかりつけの歯科医で別の歯の治療の際、レントゲンを撮ったところ根管治療をした複数の歯に膿がたまっているとのことでした。
     その歯科医は、痛みがなければ様子をみるということでそのままにしておりましたが、今回上の前歯に痛みが出てきました。
     実は他の根管治療後の歯も数本歯茎の腫れ、膿を繰り返しては収まっていたので放置していたような状況です。
     前歯は20年前に抜髄、10年前に根管治療を再び行いその時セラミックのかぶせ物を作りました。
     今までは数日痛みを我慢すれば治まるという繰り返しでしたが、しっかり治療すれば再発はないのでしょうか?
     ちなみに現時点で10本ほどの歯の抜髄治療をしており、そのうち今まで痛みが出たのは6本ほどあります。
     今使用しているセラミックのかぶせ物を残しつつ、自分の歯も残して治療して痛みをとることは可能でしょうか?




  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

      お答えいたします。セラミックを取り除き、根の再治療をすれば抜かないで治る歯がたくさんあります。嘘でもなんでもありません。とにかく助け続けております。今は生き甲斐に感じております。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2013 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.