絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯周病、ブリッジ、炎症、神経を抜いた歯、歯の大事さ
  • Q 神経を抜いた歯(ひびがはいっているかも)も温存の可能性はありますでしょうか。

    蛭間先生
      歯について、素人なので拙い説明で申し訳ございませんがご教示お願いいたします。
     一年ほど前、左の一番奥の歯が痛み出し歯周病で顎の骨が溶けてしまい、膿などが出て、半年ほど抜かないですむように治療をしてくださったのですが、膿が出続け、状況が落ち着かず、根負けして抜いてしまいました。
     歯周病の恐ろしさをしって、その後は一本も抜かないようにとメンテナンスをおこなっていましたが、3か月ほど前、奥から2,3番目の歯2本で(一番後ろを支える)3本ブリッジを作成してつけていただいたのですが、2週間ほど前から奥から2番目の歯に違和感を感じ、先週くらいから疼きを感じ、病院へいきました。
     二本ともすでに神経を抜いており(かなり前に処置した記憶があります)弱いのだと思うのですが、かかりつけの先生いわく、奥から二番目の歯にひびがはいったかも?とおっしゃっていました。
     レントゲンでみると歯の股?のところが黒く映っており、歯周病?なのかはわかりませんが、そこの部分が炎症をおこしているとのことでした。まずは抗生物質で3日間で炎症を抑えて(後、かみ合わせを少し緩めてもらいました)、来週様子見という形ですが、このまま炎症が治まらず、抜くことになるのは絶対いやなので、相談させていただきました。
     今回、運よく炎症が治まっても、奥歯は力が入る部分なので今後もの炎症が心配です。抜くしかないと言われた場合は、蛭間先生に一度診ていただきたいと思っていますが、神経を抜いた歯(ひびがはいっているかも)も温存の可能性はありますでしょうか。
     ブリッジもしなければいけないため、負担に耐えられるように。です。
     また、今回炎症が治まった場合でも、いつまた炎症が起こるかわからないという不安があるようであれば、そのリスクを減らす処置がありますでしょうか?(実際にみていただくしか、わからないような質問ですみません)先生のHPを拝見させていただくと、神経は抜いたらだめとかかれてありました。
     若いころは歯の大事さを感じていなかったため本当に反省です。いまならその大事さがわかります。
     今後歯は絶対抜きたくないので、お忙しいところ恐縮ですがご教示お願いいたします。



  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

      お答えいたします。今年はご相談が去年よりものすごく増えております。抜かずに沢山の歯を助けております。どうぞお越し下さいませ。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2013 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.