絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯周病親不知インプラント、抜歯、歯槽膿漏
  • Q こんなになるまでほっておいた自分の責任ではあるのですが、なるべくなら自分の歯を残したいというのが希望です。

     はじめまして。
     歯周病専門で色々調べていたところ、こちらにたどり着きました。早速ですが、相談させて下さい。
     22歳の時、二人目を妊娠中ブラッシングをしっかりしたつもりなのに歯茎に違和感を感じ、免疫力も弱く噛み締めも強いためか今ではこの年で重度の歯周病です。
     歯周病専門医の病院に通っていたのですが、麻酔をして歯石を取り抗生剤を塗るだけという治療に疑問を感じ、三人目を妊娠したのもあり疎遠に。 そして今月の3日、約二年半ぶりに違う歯周病専門医の病院に行きました。左下の奥から三番目の歯茎から膿が染み出し、もう限界だと感じたためです。
     レントゲンを取り六点法で検査すると、上下の奥歯共に10ミリのホ゜ケット、他にも5ミリ以上のホ゜ケットが何本かありました。
     インプラントもこの状態では無理だと。先生は50代の歯だとビックリされ、膿んでいた歯とその隣にあった乳歯計二本をその日に抜歯。まだ分かりませんが、ほぼ抜くようだと…体を守るために、歯槽膿漏という形で体がサインを出してるのだから、自分の歯は捨てた方がいいと言われました。
     雪山などで手の指が凍った時、切断したりするでしょ?と。そういう考えもあるのだと、ビックリしたのですが、ショックで泣いてしまいました。
     こんなになるまでほっておいた自分の責任ではあるのですが、なるべくなら自分の歯を残したいというのが希望です。
     半分は覚悟しているのですが、もしかしたらという気持ちもあり、昼夜ネットで調べております。
     先生、このまま半分以上の歯を抜歯をするしかないのでしょうか…
     その先生は、親不知も原因だから抜歯すると思うと仰ってました。
     私は上は生えていますが、下はまだ生えておりません。
     それでも抜歯は必要なのでしょうか?


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。どの段階なのか分かりませんが、かなり重症のように思われます。やはり抜かなければならないところは抜くでしょう。専門医を信じて下さい。また広島大学もあるので相談されたらいかがでしょうか。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2014 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.