絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・再根管治療
  • Q もうこれ以上、歯を失いたくありません。再根管治療で救えるかどうか見ていただきたいです。
     
     若い頃の不摂生で、20歳ごろから上顎はすべて歯の神経を抜いてしまっています。
     その歯が次々に問題を起こし、困り果て、本当に後悔してもしきれません。
     2週間前に、右上4番を抜歯しました。右上7番はすでに失っていて、2年前に失った右上5番の義歯(自費のノンクラスプ義歯)の支えにしていた4番が昨年11月に噛むと痛むようになり、根っこ周囲の状態も良くないとのことで抜歯しました。
     結果、根は割れていませんでしたが、ほんの少しの歯根膜しかついておらず「ほとんどこの部分だけで歯がついていた状態」とのことで、「今、再植も考えたけど、根の周囲の組織がぶよぶよで、再植してもブカブカでささえられないから無理」とのことで、あらかじめ用意していた4,5の義歯となりました。
     現在通っている歯医者では、インプラントはわたしの上顎の構造上骨の移植も難しいとのことです。
     また、左上6番も問題です。レントゲンを撮ると、上顎に膿がたまっています。
     隔壁が人より高いため、鼻の方まで膿がなだれ込まずに済んでいるけれど、早く処置しないといけないようです。
     自覚症状は、たまに走ったりすると響く感じがあり、なんだか6番が怪しいと思っていましたが、噛んでも痛むことがないので放置していました。
     もうこれ以上、歯を失いたくありませんので、来週2本連結ブリッジを外して、再根管治療で救えるかどうか見ていただきたいです。
     とはいえ、今後10年のうちに上顎の根に問題が起きてくるだろうことは十分に想像できます。
     いずれすべての歯を失うことになるかもという覚悟もしています。
     そのために貯金をしようと思っていますが、今現在インプラントができるのかどうか(特に右上、右下)もお話を伺いたく思います。
     長文になり申し訳ありません。何とぞ、よろしくお願いします。



  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     一度お越しくださいませ。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2015 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.