絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・妊娠中の根の治療について
  • Q 抜歯は絶対にしたくないのと、妊娠中の状態ではどの治療方法が最善なのかをお聞きしたくご連絡しました。
     
     初めまして。
     現在妊娠15週(もうすぐ5か月)です。
     数年前に治療した根の治療が上手くいかず、 何度か腫れてしまいました。
     妊娠前に腫れ、抗生物質で治療をしていましたが、 妊娠が発覚したので、薬をやめました。
     それで、現在右奥後ろから二番目の歯茎から膿がぼこっと出ている状態です。
     腫れて潰れて…またしぼむ、という状態が繰り返されています。
     抜歯は絶対にしたくないのと、妊娠中の状態ではどの治療方法が最善なのかをお聞きしたくご連絡しました。
     ご返信いただければ幸いです。
     どうぞよろしくお願いいたします。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     これはわたくしの私見です。投薬、麻酔、レントゲンをしません。
     したがって出産後に治療をしたいと考えます。
     からだを安静にされてください。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2015 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.