絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯根破折、再度根管治療
  • Q 歯根破折している歯を残したいと思いインターネットで探していたらこのカウセリングにたどり着きました。
     
     こんにちは。
     歯根破折している歯を残したいと思いインターネットで探していたらこのカウセリングにたどり着きました。
     小学3年生くらいの時に左上1番の先端を折り、それから根幹治療をして歯茎が安定してから被せ物をする予定でした。
     ですが、それをせずに今まで来てしまい、20年経ちました。
     今まで色が気になりホームブリーチをしたことがありますが、それ以外いじってはいません。
     今思えば、それが歯をより脆くしてしまったのかもしれないと思いますが、、、
     そして、1年前その前歯に痛みを強く感じ歯科医院に行ってみると口蓋側のポケットが8ミリあると言われ折れている可能性が高いと言われました。
     それから再度根管治療をしましたが、歯茎の膿が出たり治ったりを繰り返し、別の歯科に変えました。
     また、そこまでも同じ見解だったのですが、ブリッジかインプラントということでしたので、ブリッジ絶対嫌だったので、インプラントのために大学病院を紹介して頂きました。
     歯については診ないと何とも言えないとは思いますが、先生は残せると思いますか?
     抜歯しか方法はないのでしょうか?
     もし被せ物をしていたら持ちは違っだと思いますか?
     遠方に住んでいますが、先生のご回答次第で、一度伺いたいと思っています。ご回答よろしくお願いいたします。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     内容からみても保存は無理かもしれません。20年は長すぎるきがします。
     たら、れば、もしかしてたら現在もあったかもしれません。削る、つめる、虫歯の再発も、ダツリする、、神経まで進む、神経を抜く、まれにうみをもつ、根の再治療、噛む力が強いためひびや亀裂が起こり、欠けたり、折れたり、ハセツをする。
     抜かれてインプラントかブリッジかとりはずしの入れ歯になります。
     どこかで一番良い方法でくいとめていただきたいと思います。
     20年前は7歳ですから、かぶせものはしなかったのだと思います。
     20歳ぐらいの時にご相談にいかれていればなんとかなっていたかどうか??です。
     しかし昔は昔、ここからです。しっかり治されてください。あと人生60年もございますから。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2015 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.