絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・根管治療
  • Q 歯の根の治療でずっと悩んでおります。 どうしても歯を残したい為、蛭間先生に診て頂きたいです。
     
     こんにちは。
     歯の根の治療でずっと悩んでおります。
     前歯二本を1年半前にオールセラミック被せました。
     はじめは神経を残して被せたのですが、後に神経が炎症を起こし神経を抜きました。
     その後、また二本に鈍痛を感じ、根幹治療→(前歯左は根管治療で痛みはなくなったがレントゲンで病巣があるとのこと、前歯右はフィステルあり) で 結果歯根端切除を行いましたが、全く症状のなかった前歯左が手術後に歯茎の腫れと歯と歯茎の隙間から膿が出るようになりました。
     もう片方は、フィステルができていたのですが、いまのところ少し鈍痛があるくらいでフィステルは再発しておりません。(手術した日は先月の7.29)
     別の歯科で手術を受けておりますが、どうしても歯を残したい為、蛭間先生に診て頂きたいです。
     可能でしょうか>_< 毎日不安です、、、。
     ちなみに今までオールセラミックを被せてから、外すことなく、裏側から穴を開けて根管治療をしてます。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     この症例も神経が痛み、根の治療をし、膿をもち、手術をし、再発しますとなかなかもとどおりにはしずらいようです。
     見えないところに亀裂やヒビがある場合はさらに難治性になります。
     患者さんのご希望にもよりますが、残すも抜くもボーダーラインがございません。
     数年もつか、十年もつかは不明です。
     いろいろな治療によってここまで抜かずに使えているのも良いことなのではないでしょうか。


  • Q. 蛭間先生、返信ありがとうございます。

     なかなか難しい治療のようですね>_<
     手術前は症状がなかったのに手術してから腫れと膿がでているので、正直のとのろショックを受けております…そのようなことはあるのでしようか。
     ひとまず先生に診て頂きたいので28日に予約をいれさせていただきました。
     よろしくお願い申し上げます。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     このような症状になるかたはいらっしゃいます。
     歯の保存治療、延命はこじれてからは本当に大変です。もとの健康な歯に戻るわけではないからです。
     最近は早く抜いてインプラントへという考えかたになってきているのでしょうか。
     しかし、一年二年数年五年十年でもとお考えの方も少しずつ増えているように思います。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2015 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.