絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯根破折、インプラントその前に、保存治療
  • Q 差し歯にした前歯、歯根破折、3箇所割れていても保存治療ができる可能性はありますでしょうか。
     
     10年ほど前に神経をとって差し歯にした左上の前歯が、3年前ぐらいからよくはずれる様になりました。(1年に1回ぐらい)
     近所のかかりつけの歯医者で接着してもらっていましたが、今年の9月に、またはずれて中を見たところ根が割れていると言われました。(横2つ縦1つの3箇所)
     その際、一旦ボンドで固定して差し歯を戻すけども次腫れたら抜歯する。インプラント等どうするか考えておいてほしいと言われています。
     診てみないとわからないとは思いますが、上記の様な3箇所割れている状態でも保存治療ができる可能性はありますでしょうか。
     保存治療が不可能と判断した場合は、やはり抜歯となると思いますが、前歯3本をセラミックでブリッジした場合は 費用はどの程度となりますでしょうか。
     ちなみに歯根破折を行っている他院に聞いたところ、オールセラミック3本のブリッジは税込みで50万弱と言われました。
     ブリッジは保険でも可能かと思いますが、一番目立つ部分なのでセラミックを入れたいのですが、50万弱はさすがに厳しいところです。
     以上、ご回答のほど、よろしくお願い致します。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     残る場合はのこせます。
     たとえ数年でも、ブリッジは保険でもいいし、今のご質問のコストの半分ぐらいからございます。
     ハイブリット、メタルセラミック、オールセラミック、ガラスのようなものまでいまではいろいろあるようです。
     インプラントとの比較になるのかもしれません。
     お大事にしてください。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2015 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.