絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・その歯を保存するのが一番
  • Q 歯茎に膿。腫れたり、引いたりを繰り返している状態で、歯茎に痛みを感じます。 抜きたくありません。
     
     左上の奥歯を1年以上前に銀歯から白い被せものに変える治療をしました。
     初め被せた歯がズキズキする日々が続いたため、再診して新しく被せものをした結果痛みはなくなったのですが、しばらくして歯茎に膿がたまってきました。
     レントゲンを撮った結果、歯茎に膿の袋があるから、次に腫れたら抜歯してインプラントがブリッヂしかないと言われました。
     高いお金を払って白い被せものをしたので、抜きたくありませんし、インプラントにするとさらに費用がかかってしまうため、「様子をみます」と通院をやめてしまいました。
     現状は膿が腫れたり、引いたりを繰り返している状態で、耐えられないような痛みはありませんが、腫れているときは歯茎に痛みを感じます。
     セカンドオピニオンをぜひお願いしたくご相談させていただきました。
     よろしくお願いいたします。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     このご質問が圧倒的に多いです。
     いろんな選択肢がありますが、その歯を保存するのが一番だと思われます。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2016 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.