絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・保険で保存治療は可能ですか?
  • Q 私は抜く気はないのですが、先生は保険の範囲で温存治療は可能でしょうか?
     
     右上一番奥の歯ですが、10年以上前に神経治療をして、土台付きの詰め物をしていました。
     5年程前に一度その詰め物が土台ごと取れたので応急的に付け直してもらいました。
     その際に歯にクラックが入っており、いつかは抜歯になると指摘を受けましたが、なんの問題もなく過ごしていました。
     昨年、土台が咀嚼時にギシギシするので詰め物を外し、確認してもらったのですが、もう抜くしかないの一点張りで、新しい詰め物を作ってもらえませんでした。
     私は抜く気はないのですが、先生は保険の範囲で温存治療は可能でしょうか?
     診察しないと解らないとは思いますが、回答願います。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     基本的に保存治療は保険ですが、ケースによっては、また材料によっては自費になる場合がございます。
     割れたのが堅すぎたならば柔らかいものなどで持たせたいからです。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2016 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.