絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
無料カウンセリングは蛭間(ひるま)重能と蛭間あゆみ(元東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・根の先の膿は治療すれば治ることも
  • Q 口コミ評価の高さ等に感動し、すがる思いで御相談させて頂きました。やはり抜歯しかないのでしょうか? 

     ご相談に乗って頂ければ誠に幸いです。
     前歯2本がセラミックの差歯です。約30年間使っています。
     右側の差歯を押さえると少しグラグラします。痛みはありません。
     差歯と歯茎の間から土台の金属がかなり見えてます。
     7〜9年前、時々、右側の差歯の歯茎に水泡が出来て、歯茎がジュクジュクする事がありましたが、それ以降は、そういった症状もなく過ごしております。
     土台の金属が見えたり、ぐらつくのが気になり、他院2か所で診て頂いたところ、右側の差歯の根の先に濃が溜まっている為、抜歯して、3本ブリッジ、あるいはインプラントしかないと言われました。
     右側の差歯の歯根は真直ぐな状態ではなく、左隣の前歯の方へ傾くような状態でレントゲンに写っていました。(関係ないかも知れませんが、幼少時に転倒して右側前歯を折った事があります)
     出来ることなら抜歯したくないけれど、もはや観念するしかないのか・・と日々悩んでいたところ、貴院のHPを拝見致しました。
     口コミ評価の高さ等に感動し、すがる思いで御相談させて頂きました。やはり抜歯しかないのでしょうか?
     ご意見をお聞かせ頂ければ誠に幸いです!
     何卒よろしくお願い致します!


  • A. 両国保存治療カウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     30年たてば十分やり直ししても良いかと思いますが、抜く可能性は歯科医それぞれです。
     根の先の膿は治療すれば治ることもしばしばです。


  • Q. 蛭間先生 早速のお返事を頂き誠に有難うございます。

     「抜く可能性は歯科医それぞれです」というお言葉を頂き、更に悩ましい気持ちになりました。
     先生に一度診て頂く事が出来れば光栄ですが・・関西に住んでいる事から、なかなか難しい状況です。
     近いうちに上京できる機会がございましたら、予約させて頂きたいと思っております。
     お忙しい中、御相談に乗って下さり本当に有難うございました。

 ホーム
両国保存治療カウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2018 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.