絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
無料カウンセリングは蛭間(ひるま)重能と蛭間あゆみ(元東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)

ホームへ戻る > お悩み相談・根が細菌感染。いちど蛭間先生に診ていただきたい。

  • Q 左下奥から2番目の根が細菌感染し、吸収が進んでいる状態です。いちど蛭間先生に診ていただきたいと思っています。 

     はじめまして、 お忙しい中すみません。
     以下歯の状況です。
     左下奥から2番目(6番?)の歯(20年以上前に抜髄)の根が細菌感染し、根と周りの歯槽骨がとけて吸収が進んでいる状態と把握しています。
     3年前に1度かなり腫れ、消毒で収まる→1年後にまた腫れ→消毒でおさまる→ここ2年は歯茎の腫れはなく、まだぐらつきなどはなく、物も噛めますが、歯が浮くような感じが時々すると言えばします。
     近所や都内の大学病院を5〜6軒まわった所、遠心側の根が感染源のようですが、近心側の根もレントゲン上亀裂らしきものが見えるらしく1本抜歯して5〜7でブリッジか部分入れ歯という案がほとんでですが、遠心側だけ部分抜歯し7番とブリッジというのが延命措置としてかろうじて提案されていますが、やってみないと分からないような感じのようです。
     いけるところまで温存しようと思っていたのですが、放っておくと7番や5番に影響を及ぼす可能性が「かなり高い」ので「急いだ方がいい」と言われ焦って奔走しています。5番(7年前に抜髄、インレー?)も7番(半年前に抜髄、差し歯)なので、健康な歯を削るわけではないのですが、7番も5番も抜髄してあるからこそ根も弱くブリッジの負荷によって根が折れてまた感染、と1本1本どんどん巻き添えのような事になりそうで悩んでいます。
     以下、ダメもとで質問です。
     ●根の吸収に関してはやはり抜歯しかないでしょうか
     ●半分でも残せるならもちろん残したいですが、部分抜歯後、ブリッジではなく半歯分の小さな部分入れ歯(できれば保険、無理であれば自費のものでおすすめなど)など他の処置の可能性はありますか?もしくはそのまま開けておくなど…。なんとなく「そういう事はやらない…」という返事が多く…。7番の後ろの歯茎があまりなく、ブリッジで横にひっぱられる事で数年後、6番の残りもろともダメになるのでは…と心配です。
     ●抜歯を急いだ方がいい緊急度(どれくらいのスピードで進行するのか。2〜3カ月後では手遅れ、など) ちなみに親知らず4本抜歯済み、矯正で3本抜歯したので現在25本しかなく…。
     長文ですみません。1度診ていただきたいと思っています。


  • A. 両国保存治療カウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     どうぞ、一度お越しください。


 ホーム
両国保存治療カウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2018 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.